Windows 11/10でレジストリをバックアップする方法

  • URLをコピーしました!

レジストリファイルへの偶発的な不正な変更は、コンピュータに深刻な問題を作成することができます。したがって、我々は、手動および自動の両方、Windows 10&11でレジストリをバックアップする手順を以下に提供されています。

目次

Windows 10 &11のレジストリをバックアップする

Windowsオペレーティングシステムの以前のバージョンのデフォルト設定は、レジストリファイルを自動的にバックアップし、レジストリバックアップを「RegBackup」システムフォルダに保存することでした。

しかし、Windows 10および11の現在のバージョンでは、ストレージスペースを節約するために、自動レジストリバックアップ機能は削除されました。

これは、実質的に、あなたがコンピュータ上で破損したり、破損したレジストリファイルで終わる場合には、バックアップからWindowsレジストリを復元することができないことを意味します。

幸いにも、Microsoftはこの機能を無効にしただけで、コンピュータ上で自動および手動レジストリバックアップの両方を有効にすることは可能です。

注意 RegBackup」フォルダは、以下の場所にあります。 C:\WindowsSystem32¥Config¥RegBack.レジストリがバックアップされていない場合、このフォルダー内のすべてのエントリのサイズが0Kbであることがわかります。

1.Windows 10 & 11で自動レジストリバックアップを有効にする

レジストリエディタを使用して定期的なレジストリのバックアップを有効にすることで、コンピュータが自動的にレジストリをバックアップするようにすることができます。

注意 この手順は、上級ユーザーを対象としています。不正な方法でレジストリファイルを変更すると、コンピュータに深刻な問題を引き起こす可能性があります。

1. を右クリックします。 スタート ボタンをクリックし 実行.実行コマンドウィンドウで、次のように入力します。 レジメディット をクリックし OK.

実行コマンドを使用してレジストリエディタを開く

2. レジストリエディタの画面で、次の場所に移動します。 HKEY_LOCAL_MACHINE.

Windows構成マネージャのレジストリエントリ

3. を右クリックします。 構成マネージャ フォルダ >を選択 新品 >をクリックしてください。 DWORD(32ビット)値.

コンフィギュレーションマネージャのレジストリで新規DWORDを開く

4. 新しく作成したキーに名前を付ける EnablePeriodicBackup と入力し、パソコンのキーボードのEnterキーを押します。

EnablePeriodicBackupのDWORDを作成する。

5. 次に、新しく作成した EnablePeriodicBackup DWORDで、その値を 1.

レジストリエディタを使用したレジストリの定期的なバックアップの有効化

6. をクリックします。 OK ボタンをクリックして、DWORDへの変更を保存し リスタート を実行してください。

この変更後、コンピュータは自動的にコンピュータ上のレジストリ全体のバックアップを作成し、バックアップファイルは以下の場所にある「RegBackup」フォルダに格納されます。 C:\WindowsSystem32¥Config¥RegBack.

Windowsは、タスクスケジューラーに「RegIdleBackup」タスクを作成し、コンピュータの将来の自動レジストリバックアップを管理します。

2.Windows 10 & 11のコンピュータでレジストリファイルを手動でバックアップする

コンピュータでレジストリバックアップが有効になると、以下の手順でいつでもコンピュータのレジストリファイルの手動バックアップを作成することができます。

1. をクリックします。 スタート ボタンタイプ タスクスケジューラ を検索ボックスでクリックし タスクスケジューラーアプリ を検索結果に表示します。

Windowsタスクスケジューラーを開く

2.タスクスケジューラ 画面で、次の場所に移動します。 タスクスケジューラライブラリ > マイクロソフト > ウィンドウズ > レジストリ.右クリックで RegIdleBackup タスクをクリックし 実行 のオプションが表示されます。

タスクスケジューラーを使用したレジストリのバックアップ

実行]をクリックすると、タスクスケジューラはコンピュータ上のレジストリ全体のバックアップを作成し、RegBackupフォルダ内の以前のレジストリのバックアップを上書きします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次