iPhoneのオートロックの設定を変更する方法

  • URLをコピーしました!

iPhoneの画面が頻繁に消える場合、デバイスの画面をより長い時間開いたままにするために、iPhoneの自動ロック設定を変更する手順を以下に紹介します。

目次

iPhoneまたはiPadのオートロックの設定を変更する

iPhoneのデフォルトの設定は、ロックが解除され、1分間未使用または非アクティブの状態が続くと、自動的にディスプレイをオフにするように設定されています。

iPhoneのこの自動ロック機能は、以下のことを目的としています。 バッテリーの寿命 と、ロック解除した端末に他人がアクセスできる可能性を防ぐためです。

デフォルトの自動ロック設定はバッテリーの寿命を延ばすのに役立ちますが、すべてのユーザーやすべての場面で適しているわけではありません。例えば、iPhoneでハンズフリー通話をする際に、画面をより長い時間表示しておきたい場合があります。

このような場合、iPhoneの自動ロック時間を長くして、画面が頻繁にオフになるのを防ぐことができます。必要であれば、完全に iPhoneの画面が自動的にオフにならないようにする.

1.iPhoneの自動ロック期間を変更する

iPhoneの画面が頻繁にオフになる問題を解決するために必要なことは、デバイスの自動ロック時間を長くすることです。

次のページへ 設定 > ディスプレイと明るさ > オートロック を選択し、次の画面で 2 分など、お客様のご希望に合わせた時間を設定してください。

iPhoneの画面自動ロック期間を選択する

この後、2分間操作しないと、デバイスの画面がオフになることがわかります。この時間では不十分な場合は、自動ロック時間を3分、4分、5分と増やすことができます。

2.iPhoneの画面が消えないようにする

必要に応じて、以下の方法でiPhoneの画面が自動的にオフになるのを防ぐことができます。 設定 > ディスプレイと明るさ > オートロック を選択し 決して オプションを使用します。

iPhoneの画面が消えないようにする

本製品をインストールすると、手動で電源を切るまで、iPhoneの画面が開いたまま使用できるようになります。自動的にオフにすることはできません。

ご注意ください。 iPhoneの画面が自動的に切り替わらないようにすると、バッテリーの寿命が短くなることがあります。

iPhoneで自動ロックオプションがグレーアウトしている。

iPhoneでオートロック時間を変更するオプションがグレーアウトして、オートロック時間を変更できなくなることがあります。

ほとんどの場合、これは通常、iPhoneが以下の状態になっているために起こります。 低電力モードは、iPhoneの自動ロック時間を最も短い時間(30秒)に維持するように強制します。

iPhoneの自動ロックオプションがグレーアウトしている場合は、低電力モードを無効にするか、デバイスを充電用に接続することができます。

iPhoneの低電力モードを手動で無効にするには、次の手順に進みます。 設定 > バッテリー の横にあるトグルを動かすと ローパワーモードOFF ポジション

iPhoneの低電力モードを無効にする

低電力モードを無効にした後、iPhoneの自動ロック設定を変更することができるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次