iPhoneのRise to Wakeを無効にする方法

  • URLをコピーしました!

iPhoneの「Raise to Wake」機能は、デバイスを手に取るとすぐにスイッチを入れたり起こしたりするように設計されています。この機能を無効にしたい場合は、以下の手順でiPhoneのウェイクアップ機能を無効にすることができます。

目次

iPhoneのレイズトゥウェイク機能を無効にする

レイズ・トゥ・ウェイク」機能は、基本的にiPhoneがピックアップされていることを感知し、自動的にロック画面をオンにし、以下のアクセスを提供することができるようにします。 通知機能コントロールセンター.

このほか、ロック画面で左にスワイプすると「写真」、右にスワイプすると「ウィジェット」にアクセスすることができます。

しかし、ロック画面上のNotificationを周囲の人に見られる可能性があるため、端末の「Raise to wake」を無効にしたいユーザーもいます。

また、ユーザーから迷惑な バッテリーの消耗ポケットに入れて持ち運んでいるだけなのに、iPhoneが自動的にディスプレイをONにしたため。

1.iPhoneのRaise to Wakeを無効にする

お使いのデバイスで、いつでも 設定 > ディスプレイと明るさ の横にあるトグルを動かすと レイズ・トゥ・ウェイクOFF のポジションになります。

iPhoneのレイズ・トゥ・ウェイク機能を無効にする

iPhoneの「起き上がり小法師」機能をオフにすると、デバイスを手に取ったり、持ち運んだりしても、自動的に電源がオンになることがなくなります。

この後、iPhoneのロック画面にアクセスするには、サイドボタンを押すか、ホームボタンを押すしかありません(iPhoneにホームボタンがある場合)。

2.iPhoneでRaise to Wakeを有効にする

iPhoneのRaise to Wake機能を有効にするには、いつでも以下の方法で行います。 設定 > ディスプレイと明るさ の横にあるトグルを動かすと レイズ・トゥ・ウェイク オン の位置づけになります。iPhoneでレイズ・トゥ・ウェイクを使用可能にする

これで、iPhoneを手に取ると、自動的に画面が切り替わるようになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次