Windowsのスタートメニューの検索でWeb検索を無効にする

  • URLをコピーしました!

お気づきのように、Windows 10または11のパソコンでスタートメニューの検索バーを使って検索すると、インターネットからの検索結果が表示されます。Windowsのスタートメニューの検索でWebの結果を無効にする手順を以下に示します。

目次

Windowsのスタートメニューの検索でWebの検索結果を表示しないようにする

Windows 10の「スタートメニュー検索」は、「スタートメニュー検索バー」に何かを入力すると、インターネットからのWeb検索結果が表示されることにお気づきでしょう。

これは、Windows 10の検索がMicrosoftのBing検索エンジン上に構築されており、Internet ExplorerやSafariの検索エンジンの動力源にもなっているために起こります。 MicrosoftのEdgeブラウザ.

Webサジェストは特定のケースでは便利かもしれませんが、ユーザーがコンピュータのハードディスクにあるファイル、プログラム、アプリケーションを探そうとしているときには、まったく必要ありません。

Windowsスタートメニュー検索でWeb検索結果を無効にするもう1つの理由は、個人的なファイル名を使用した検索語がMicrosoftサーバーに送信されるのを防ぐためです。

幸いなことに、スタートメニューのBingを無効にすることで、個人的な検索結果がMicrosoftのサーバーに送信されるのを防ぐことができます。

レジストリを使用してWindowsの[スタート]メニューでWeb検索結果を無効にする

Windows 10の以前のバージョンでは、以下のオプションがありました。 コルタナを無効にする をスタートメニューで表示させ、これだけでWindows10のスタートメニューのBing検索を無効化することができました。

現在のバージョンでは、Windows 10のスタートメニューのBing検索を無効にするには、関連するレジストリファイルを編集するしかありません。

を右クリックします。 スタート ボタンをクリックし 実行.コマンドの実行]ウィンドウで、次のように入力します。 レジディット をクリックし OK.

実行コマンドを使用してレジストリエディタを開く

レジストリ エディタ]画面で HKEY_CURRENT_USER ○SOFTWARE ○Microsoft ○Windows ○CurrentVersion ○Search.

を右クリックします。 検索 フォルダを選択し 新規作成 > DWORD (32ビット) をコンテキストメニューに追加しました。

Windowsの検索レジストリに新しいDWORDを作成する

新しく作成したDWORDに次の名前を付けます。 BingSearchEnabled を選択してダブルクリックします。

BingSearchEnabledレジストリエントリ

DWORDの編集]ポップアップで、[値のデータ]フィールドが、[DWORDの編集]ポップアップに表示されていることを確認します。 0 をクリックし OK.

レジストリを使用してスタートメニューのBing検索を無効にする

次に、以下の項目をダブルクリックします。 CortanaConsent を入力します。

WindowsレジストリにあるCortanaConsentエントリを開く

DWORDの編集]ポップアップで、次のように入力します。 0 を値データ欄でクリックし OK.

Windowsのスタートメニューの検索でCortanaを無効にする

注意 CortanaConsentが表示されない場合は、BingSearchEnabledの作成と同じ手順でこのフィールドを作成します。

このレジストリ変更後、Windows 10はインターネットからの検索結果を表示しなくなり、スタートメニューの検索バーでの検索はすべて自分のコンピューターに限定されるようになります。

必要な場合は、レジストリエディタを開き、以下の項目を変更することで、いつでもWeb検索結果を復活させることができます。 BingSearchEnabledCortanaConsent(コルタナ コンセント データ値を1に。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次