iPhoneの電波強度を数値で表示する方法

  • URLをコピーしました!

因みに、携帯電話の電波強度を数字で表示させるコードをダイヤルすることで、iPhoneの電波強度を(5つのドットではなく)数字で表示させることが可能です。

目次

iPhoneの電波強度を数値で表示する

ほとんどのユーザーにとって、iPhone上のデフォルトの5ドットの信号強度表示は、任意の時点でiPhone上で利用可能なネットワーク強度の強度または品質についての一般的なアイデアを提供するのに十分である。

お使いのiPhoneにIntelチップが搭載されている場合、実際の信号強度をデシベル・ミリワットまたはdBm(信号強度の測定単位)で表示させることができます。

数字で見るiPhoneの電波強度

数値法では、-70dBM以上を良好なSignal、-100dBMを弱いSignalとしています。

携帯電話の信号は、-50~-120デシベルミリワット(dBM)の間で動作します。

iPhoneで電波の強さを数値で表示する手順

上記の通り、この方法はIntel Chipを搭載したiPhoneでのみ有効で、Intel Chipを搭載していない端末では使えません。

確認するには、以下のサイトにアクセスしてください。 設定 > 一般 > 法務・規制 をクリックし、iPhoneのモデル番号をメモしてください。Googleでモデル番号を入力し、このモデルがIntel Chipを搭載しているかどうかを確認します。

搭載されている場合は 電話アプリ と入力してください。 *3001#12345#* をキーパッドに入力し 呼び出し ボタンをクリックします。

iPhoneのフィールドテストモードのページが表示され、いくつかのメニューが表示されますが、これらのメニュー項目はそれぞれ大量のサブメニューにつながります。

選択 LTE を選択し、この画面で サービングセルの測定 のオプションを次の画面で選択します。

iPhoneフィールドテストモード

セル測定値の提供」画面で、次の数字を見てください。 rsrpo と rsrp1 (基準信号受信電力)。

1番目の値はiPhoneが接続しているセルタワーを、2番目の値は最も近いバックアップタワーを表します。

電波強度を数値で読み取る方法

電波強度をドットで表示する場合、通常、電波強度が良好な場合は5つのドットが全て表示され、電波強度が悪い場合は1つか2つのドットが表示されます。

電波強度が数字で表示されている場合、表示されている数字が0に近いほどiPhoneの電波強度は良好です。

例えば、電波強度が悪い状態で、電波の良い場所に移動し始めたとします。

まず、ユーザーはiPhone上で-110の悪い信号強度を表示し、人が良い信号強度のエリアに近づくと、数値は-100、-92、-75、-63などに変化し始めるでしょう。

こちらを参考にしてください リンク をご覧ください。

iPhoneで電波の強さをドットで表示する

いつでも簡単にiPhoneのデフォルトの5ドットの電波強度表示に戻すことができます。電話アプリを開き、次のようにダイヤルします。 3001#12345#* をクリックすると、フィールドテストモード画面になります。

フィールドテストモード画面で ホームボタン.

iPhoneのデフォルトの電波強度表示に戻り、数字とバーのオプションの切り替えができなくなります。

関連項目

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次