ピボットテーブルの空白セルとエラー値を修正する方法

  • URLをコピーしました!

Excelのピボットテーブルで計算を活用していると、「#DIV/0!」というエラー値に出くわすことがあります。ここでは、ピボットテーブルのエラー値を修正する方法について見て行きましょう。

目次

ピボットテーブルのエラー値を修正する

Excelピボットテーブルでエラー値#DIV/0! が表示される場合、通常は数値をゼロで割ろうとしていることを意味します。

このようなエラー値は、ピボットテーブルでは見栄えが悪く、重要な情報を他の人に見せようとするときに、不必要な疑問を生じさせる可能性があります。

幸い、Excelピボットテーブルのエラー値をカスタム定義された値またはテキストに置き換えることによって、そのようなエラー値を修正することが可能です。

1.ピボットテーブルの#DIV/0!ピボットテーブルのエラー

経験上、ピボットテーブルの#DIV/0!エラーは、ピボットテーブルで使用されるソースデータファイルの誤った数式や計算ミスによって発生します。

したがって、実際には 重要 に誤った計算式や計算ミスがないことを確認すること。 ソースデータファイル.

ピボットテーブルで#DIV/0!エラー

ソースデータファイルの数式や計算に完全に満足している場合は、以下の手順でピボットテーブルの#DIV/0!

ピボットテーブルを右クリックし ピボットテーブルのオプション をドロップダウン・メニューに追加します。

ピボットテーブルオプションを開く

ピボットテーブルのオプション画面で、[ピボットテーブルのオプション]の横にある小さなボックスにチェックを入れます。 エラー値表示について と入力します。 NA (Not Applicable)など、エラー値の代わりにピボットテーブルに表示させたいテキストを指定します。

ピボットテーブルでカスタムエラー値を使用する

をクリックします。 OK ボタンをクリックすると、この設定がワークブックに保存されます。

これで、ピボットテーブルでソースデータファイルの#DIV/0!エラーが発生すると、ピボットテーブルにはエラー値ではなくNA(Not Applicable)が表示されるようになりました。

重要です。 このソリューションの欠点は、ソースデータファイルの将来のエラーを覆い隠してしまうことです。したがって、ソースデータファイルの数式や計算が正しく、すべてのエラーがないことを常に確認する必要があります。

2.ピボットテーブルの空白のセルを修正する

ピボットテーブルのソースデータファイルに空白が含まれている場合(通常はそうなります)、ピボットテーブルの特定のセルに空の値や何もない値が表示されることがあります。

ピボットテーブルの値が空の場合

他のエラーと同様に、ピボットテーブルの空の値は見栄えが悪く、プレゼンテーション中にその値について質問され、時間の無駄につながる可能性があります。

ピボットテーブルを右クリックし ピボットテーブルのオプション をドロップダウン・メニューに追加します。

ピボットテーブルオプションを開く

ピボットテーブルのオプション画面にて、[ピボットテーブルのオプション]の横にある小さなボックスにチェックを入れます。 空のセルについては表示します。 を表示し、”O “または “NA “を入力してください。

ピボットテーブルで空白のセルをカスタムフォーマットする

をクリックします。 OK をクリックして、この設定を保存します。

これで、ピボットテーブル内の空の値はすべて「0」として報告されるようになり、ピボットテーブル内で空白や値がないのを見るよりも理にかなっています。

3.ピボットテーブルで “空白 “の値を修正する

ピボットテーブルで、空のセルが表示される代わりに、「空白」という文字が報告される場合があります。このエラーは、ソースデータファイル内に空のセルがあるために発生します。

このエラーは、カスタム値を使用して修正するか(上記で説明した方法)、以下の手順でピボットテーブルの「空白」を非表示にすることができます。

1. ピボットテーブルの「空白」値の位置を確認します。今回の場合、ピボットテーブルの8行目、C列にも「空白」という文字が表示されています。

ピボットテーブルの行と列に空白ができる

2. ピボットテーブルで「空白」の値を非表示にするには 下矢印 の横にある「行ラベル」をクリックします。ドロップダウンで、”行ラベル “の隣にある小さなボックスのチェックを外します。 空白 をクリックし OK ボタンをクリックします。

ピボットテーブルの行に空白を隠す

ピボットテーブルの「空白」の値をすべて非表示にします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次