iPhoneでDo Not Disturb(おやすみモード)を有効にする方法

  • URLをコピーしました!

iPhoneをミュートしても、着信通知で点灯することで気が散ってしまいます。もしあなたが本当に気が散らない期間を求めているなら、iPhoneのお邪魔虫モードを有効にする手順を知っておく必要があります。

目次

iPhoneでおやすみモードを使用する

iPhoneのおやすみモードを有効にすると、すべての着信がボイスメールに転送され、すべてのメッセージとアプリの通知が消音されます。

通知は届きますが、ミュートされ、暗い画面の後ろに隠れるので、聞くことも見ることもできません。

また、「おやすみモード」を使用するもう一つの利点は、自動的に開始と終了を設定し、特定の発信者からの通話を許可し、その他の発信者からの通話を防ぐように設定することができることです。

1.iPhoneでDo Not Disturbモードを手動で有効にする

iPhoneのDo Not Disturbモードを手動で有効にするには、次の手順に従います。 設定 > フォーカス > ドゥ・ノット・ディスターブ の横にあるトグルを動かすと 迷惑をかけないオン ポジション

iPhoneのDo Not Disturb(おやすみモード)を有効にする

iPhoneのデフォルト設定で「おやすみモード」を有効にし、お気に入りの連絡先からの電話やメッセージの通知が届くようにします。

デフォルトのおやすみモードでは、繰り返しの着信が許可され、最初の着信から3分以内に着信した人に着信することができます。

2.iPhoneで「おやすみなさい」を自動でスケジュールする

iPhoneを自動的に「おやすみモード」にする設定は、以下の方法で行うことができます。 設定 > フォーカス > ドゥ・ノット・ディスターブ をタップして スケジュールまたは自動化を追加する オプションを追加しました。

iPhoneの自動おやすみ時間設定

次の画面では、以下の項目を選択することができます。 時間DNDモードのための場所やアプリベースのトリガー。

iPhoneで時間、場所、アプリを設定し、「おやすみモード」をトリガーする

時間」を選択した場合は から を設定するために、次の画面のフィールドに 開始終了時刻 は、希望する、または予定されている「おやすみモード」の時間です。

iPhoneの自動改ざん防止期間を設定する

上記の画像からわかるように、あなたはまた、あなたのiPhone上で自動的に邪魔しない期間がトリガされるようにする日または日を選択することができます。

3.おやすみモード中にiPhoneの着信音が鳴る?

上記の通り、iPhoneをおやすみモードにしていても、誰かがあなたの電話番号に何度も電話をかけると(最初の電話から3分以内に2回目の電話をかけると)、iPhoneが鳴り出すようになっています。

この現象は、以下の方法で防ぐことができます。 設定 > フォーカス > ドゥ・ノット・ディスターブ > > からの電話 と移動する 繰り返しの通話を許可する オプションで オフ のポジションになります。

iPhoneの着信拒否オプションを無効にする。

4.Do Not Disturb期間中に特定の連絡先からの通話を許可する

iPhoneで特定の連絡先からの通話を許可するには、それらの連絡先をお気に入りとしてマークする必要があります。

開く 連絡先アプリ を選択します。 お問い合わせ をタップしてください。 お気に入りに追加.

iPhoneで連絡先をお気に入りに追加する

ポップアップで 通話 オプションを使用します。

この後 設定 > フォーカス > ドゥ・ノット・ディスターブ > > からの電話.

iPhoneのオプションから通話を許可する

次の画面で、以下を確認します。 お気に入り オプションが選択されています。

iPhoneでおやすみ期間中にお気に入りからの着信を許可する

もう一つの方法として コンタクトグループを作成する 重要な連絡先で構成される「連絡先グループ」を作成し、通話禁止時間帯にこの「連絡先グループ」からの通話のみを許可する。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次