Windows 10で高速スタートアップを有効にする方法

  • URLをコピーしました!

高速スタートアップ」機能を有効にすることで、パソコンの起動時間を短縮し、デバイスにほぼ即座にアクセスできるようになります。Windows 10で高速スタートアップを有効にする手順は、以下のとおりです。

目次

Windows 10で高速スタートアップを有効にする

高速スタートアップ」を有効にしたコンピュータをシャットダウンすると、シャットダウン前のシステムに関する情報を含むハイバネーションファイルが作成されます。

コンピュータを再起動すると、ドライバ、カーネル、および関連するシステムファイルを個別に再ロードする必要がなく、ハイバネーションファイルを使用して、ほぼ即座に生命を取り戻します。

一般に、高速スタートアップ機能は、HDDドライブを使用するコンピュータの起動時間を大幅に向上させることが知られており、以下を使用するコンピュータにはあまり影響を与えません。 SSDドライブ.

1.設定を使用して「高速スタートアップ」を有効にする

Windows 10コンピュータで「高速スタートアップ」を有効にする最も簡単な方法は、「設定」を使用することです。

を右クリックします。 スタート ボタンをクリックし 電源オプション.

Windows PCで電源オプションを開く

次の画面で、右ペインを下にスクロールし、[電源オプション]をクリックします。 電源の追加設定 リンク

Windowsの設定画面での電源設定オプションの追加

電源オプション画面で 電源ボタンの動作を選択する のリンクです。

パワーボタンができること

次の画面で 現在利用できない設定を変更する.

Windows PCで電源の追加設定にアクセスする

シャットダウン設定」セクションまでスクロールし、以下を選択します。 高速スタートアップをオンにする オプションをクリックし 変更を保存する ボタンをクリックします。

Windowsの高速スタートアップオプションをオンにする

この後、特にHDDドライブで動作している場合、コンピュータの起動が速くなることが確認できます。

Windows 10で “高速スタートアップをオンにする “オプションがない。

お使いのコンピュータで「高速スタートアップをオンにする」オプションが見つからない場合、通常はデバイスで休止モードが有効になっていないことが原因です。これは、以下を実行することで簡単に修正することができます。 パワー cfg/hibernate on コマンドを実行します。

タイプ CMD を検索バーで右クリックします。 コマンドプロンプト を選択し 管理者として実行 オプションを使用してください。

管理者としてコマンドプロンプトを開く

コマンドプロンプトの画面で、次のように入力します。 powercfg/hibernate on を押してください。 Enter キーを押します。

コマンドプロンプトを使用してハイバネートモードを有効にする

コマンドを実行すると、設定に “高速スタートアップを有効にする “オプションが表示されます。

3.コントロールパネルで「高速スタートアップを有効にする」をオンにする

Windows 10の「高速スタートアップ」オプションは、コントロールパネルを使用して有効にすることもできます。

1. 開く コントロールパネル をコンピュータにインストールします。

コントロールパネルを開く

2. コントロールパネル]画面で、次の場所に移動します。 ハードウェアとサウンド > 電源オプション をクリックし 電源ボタンの動作を変更する.

Windows 10で電源ボタンの動作を変更するオプションについて

3. 次の画面で、「シャットダウン設定」までスクロールし、チェックを入れる 高速スタートアップをオンにする オプションを追加しました。

Windowsの高速スタートアップオプションをオンにする

4. をクリックしてください。 変更を保存する をクリックして、この変更を保存し、お使いのコンピュータに実装します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次