iPhoneで低電力モードを有効にする方法

  • URLをコピーしました!

iPhoneは、バッテリーが20%になると自動的に低電力モードをオンにするよう促されます。しかし、いつでも手動で低電力モードを有効にすることができ、バッテリーの寿命を40%も延ばすことができます。

目次

iPhoneの低電力モードを有効にする

iPhoneの低電力モード機能は、次のことを主張しています。 iPhoneのバッテリー駆動時間を延ばす を最大3時間延長することができます。

この節電は、画面の輝度を下げ、メールフェッチを停止し、自動ダウンロード、バックグラウンドアプリの更新を無効にすることで実現されます。 iCloudフォト などの非本質的なサービス。

iPhoneを低電力に設定しても、通話やメッセージなどの重要なサービスは通常通り使用でき、画面の明るさが低下し、動作が遅くなること以外は、デバイスに何の変化も生じません。

特定の非本質的なサービスを使用しなくても大丈夫な場合は、デバイスの低電力モードを手動で有効にすることで、いつでもiPhoneのバッテリー寿命を延長することができます。

1.iPhoneの低電力モードを有効にする

iPhoneで低電力モードを有効にするために必要なことは、以下の項目を開くことです。 設定 をタップし、下へスクロールします。 バッテリー の隣にあるトグルを移動させ ローパワーモードオン のポジションになります。

iPhoneの低電力モードを有効にする

低電力モードをオンにすると、iPhoneの右上にあるバッテリーアイコンが黄色に変わり、低電力モードであることを示します。

2.Siriに「低電力モードをオンにして」と頼む

iPhoneでも、Siriに「低電力モードをオンにして」とお願いすれば、いつでも低電力モードを有効にすることができます。

Siriを起動し、「低電力モードをオンにしてください」と言います。すると、SiriがiPhoneの画面上にトグルスイッチを表示し、ローパワーモードをオンに切り替えることができるようになります。

手が離せないときや、デバイスから離れるときは、もう一度「低電力モードをオンにする」と言うと、Siriがデバイスの低電力モードを有効にします。

3.iPhoneで低電力モードをオフにする

iPhoneのバッテリー設定から、低電力モードのトグルをOFFにすることで、いつでも低電力モードを無効にすることができます。

次のページに進みます。 設定方法 > バッテリー の横にあるスライダーを動かしてください。 低電力モードOFF の位置に移動します。

iPhoneの低電力モードを無効にする

また、Siriに「低電力モードをオフにする」と依頼することもできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次