Windows 11でBIOSに入る方法

  • URLをコピーしました!

アクセスする必要がある場合 BIOS またはUEFI設定の場合、Windows 11でBIOSを入力するさまざまな方法を以下に示します。

目次

Windows 11でBIOSを入力する

すでにコンピュータにログインしている場合は、「スタートアップ」メニュー、「設定」メニュー、およびコマンドプロンプトを使用してBIOSに入ることができます。

ユーザーアカウントにログインしていない場合は、ログイン画面の右下隅にある電源アイコンを使用してBIOSに入ることができます。

コンピュータに問題が発生し、起動しない場合、BIOSに入るには、ログイン画面の右下にある 起動可能なWindows 11 USBドライブ.

1.ログイン画面からBIOSに入る

ログインしていない場合は、ログイン画面の右下にある電源アイコンをクリックすると、BIOSに入ることができます。

1. を押して、コンピュータを起動します。 電源ボタン.

2. ログイン画面で 電源アイコン (右下) > を長押ししてください。 シフトキー をクリックします。 再起動する オプションを使用してください。

Windowsコンピュータの再起動

3. 次の画面から、次のように移動します。 トラブルシューティング > 高度なオプション > UEFIファームウェアの設定.

Windows で UEFI ファームウェアの設定オプションを開く

4. 次の画面で 再起動 をクリックして、コンピュータのUEFIファームウェアの設定に入ります。

注意 電源アイコンが表示されていない場合は、ログイン画面上の任意の場所をクリックすると、画面右下に電源アイコンが表示されます。

2.スタートメニューからBIOSに入る

すでにログインしている場合は ユーザーアカウントの場合、Advanced Startup Options画面にアクセスすることで、BIOSに入ることができます。

1. をクリックしてください。 開始 (1) ボタン > パワーアイコン (2) を長押ししてください。 シフトキー をクリックします。 再起動(3) オプションを使用します。

スタートボタンを使ってWindows 11を再起動する

2. 次の画面から、次のように移動します。 トラブルシューティング > 高度なオプション > UEFIファームウェアの設定.

Windows で UEFI ファームウェアの設定オプションを開く

3. 次の画面で 再起動 をクリックして、コンピュータのUEFIファームウェアの設定に入ります。

4.設定を使ってBIOSに入る

パソコンの「設定」画面から、BIOSに入ることもできます。

1. このページのトップへ 設定方法 選択 システム を左ペインでクリックします。右ペインで、下にスクロールして リカバリー タブをクリックします。

Windows 11のリカバリーオプション

2. 次の画面で、下にスクロールして、「」をクリックします。 今すぐ再起動する ボタンをクリックします。

Windows 11の高度なスタートアップオプション

3. 確認のポップアップで 再起動 今すぐボタン

Windows 11を高度なスタートアップモードで再起動する

4. コンピュータが再起動したら、次の場所に移動します。 トラブルシューティング > 高度なオプション > UEFIファームウェアの設定 オプションを追加しました。

Windows で UEFI ファームウェアの設定オプションを開く

5. 次の画面で 再起動 をクリックして、コンピュータのUEFIファームウェアの設定に入ります。

3.ブータブルUSBドライブを使用してBIOSに入る

コンピュータが起動しない場合、起動可能なUSBドライブが必要です。 起動可能なUSBドライブ を使ってBIOSに入る。

1. インサート ブータブルUSBドライブUSBポート を押してください。 電源 ボタンをクリックして、コンピュータを起動します。

2. コンピュータが起動したら 次へ ボタンをクリックします。

Windowsセットアップ画面

3. 次の画面で コンピュータを修復する をクリックすると、画面左下に表示されます。

Windowsのセットアップ画面でのコンピュータの修復オプション

4. 次の画面から、次のように移動します。 トラブルシューティング > 高度なオプション > UEFIファームウェアの設定 オプションを追加しました。

Windows で UEFI ファームウェアの設定オプションを開く

5. 次の画面で 再起動 をクリックして、コンピュータのUEFIファームウェアの設定に入ります。

4.コマンドプロンプトでBIOSに入る

上記のように、Windows11ではコマンドプロンプトを使用してBIOSを入力することも可能です。

1. タイプ CMD または コム を検索バーで右クリックします。 コマンドプロンプト を選択し 管理者として実行 オプションを使用してください。

管理者としてコマンドプロンプトを開く

2. コマンドプロンプト画面で、次のように入力します。 シャットダウン /R /O /F /T 00 を押してください。 Enterキー をパソコンのキーボードで入力します。

コマンドプロンプトを使用してWindowsの詳細スタートアップオプションを開く

3. コンピュータが再起動した後、次の場所に移動します。 トラブルシューティング > 高度なオプション > UEFIファームウェアの設定 オプションを追加しました。

Windows で UEFI ファームウェアの設定オプションを開く

4. 次の画面で 再起動 をクリックして、コンピュータのUEFIファームウェアの設定に入ります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次