Ethernet Doesn’t Have Valid IP Configuration Error(イーサネットに有効なIPが設定されていません。どのように修正しますか?

  • URLをコピーしました!

Ethernet Doesn’t Have Valid IP Configuration” エラーが原因でインターネットに接続できない場合、Windows 10/11 コンピュータ上でこの問題をトラブルシューティングおよび修正する手順を以下で見つけることができます。

目次

イーサネットが有効なIPコンフィギュレーションを持っていない

一般に、Windows 10/11コンピュータは、Ethernet接続の有効なIPアドレスを取得できない場合、「Ethernet doesn’t have a valid IP configuration」エラーで起動します。 ルータ/モデム.

この現象は、モデムやルーターの不具合、ネットワークドライバーの更新や破損など、さまざまな原因により発生する可能性があります。

1.モデム/ルーターのパワーフラッシュ

他の手順を進める前に、モデム/ルーターの電源フラッシュから始めることをお勧めします。

単純に、モデム/ルーターのプラグを抜いて モデム/ルーター を電源から外し、しばらくお待ちください。 60秒.60 秒後、ルータ/モデムを電源に接続します。

ルータ/モデムが完全に再起動する(すべてのライトが点灯する)のを待ち、インターネットに接続できるかどうかを確認します。

2.ネットワークアダプタのトラブルシューティング

にアクセスしてください。 設定方法 > アップデートとセキュリティ 選択 トラブルシューティング を左ペインでクリックします。右ペインで、下にスクロールして その他のトラブルシューター.

Windowsで追加のトラブルシューターオプションを開く

次の画面で ネットワークアダプター をクリックし トラブルシューターを実行する オプションを使用してください。

ネットワークアダプターのトラブルシューティングの実行

トラブルシューターがコンピュータのネットワークアダプタの問題を検出し、修正することができます。

3.DNSをフラッシュし、Winsockをリセットします。

タイプ CMD を検索バーで右クリックします。 コマンドプロンプト をクリックし 管理者として実行 オプションを使用してください。

管理者としてコマンドプロンプトを開く

コマンドプロンプトウィンドウで、次のように入力します。 ipconfig /flushdns と入力し、パソコンのキーボードのEnterキーを押してください。

コマンドプロンプトを使用したDNSのフラッシュ

次に、次のように入力します。 netsh winsock reset を実行し Enter キーを押します。

Netsh Winsock Reset(ウィンドソックリセット

上記のコマンドを実行したら、コマンドプロンプトのウィンドウを閉じ、次のコマンドを実行します。 再起動する を実行してください。

4.IPアドレスのリセット

開く コマンドプロンプト 管理者として ipconfig /flushdns と入力し、パソコンのキーボードのエンターキーを押してください。

コマンドプロンプトを使用したDNSのフラッシュ

次に、以下のコマンドを1つずつ入力し、各コマンドの後にEnterキーを押してください。

  1. NETSH INT IP RESET
  2. ipconfig /release
  3. ipconfig /renew

上記のコマンドを実行した後、コマンドプロンプトのウィンドウを閉じ、次のコマンドを実行します。 再起動する を実行してください。

5.イーサネットアダプターのアップデート

を右クリックします。 スタートボタン をクリックし デバイスマネージャー.デバイスマネージャ画面で、以下を展開します。 ネットワークアダプター のエントリ >を右クリックします。 イーサネットアダプタ をクリックし ドライバソフトウェアの更新 オプションを使用してください。

イーサネットアダプタードライバーのアップデート

この後、エラーメッセージが表示されずに、インターネットに接続できるかどうかを確認してください。

6.アップデートのインストール

この問題は、お使いのコンピュータが最新のWindows Updateを適用していないことが原因である可能性があります。

次のページへ 設定方法 > アップデートとセキュリティ 選択 Windowsアップデート を左ペインでクリックします。右側のペインで アップデートを確認する ボタンをクリックします。

Windows 10の更新プログラムの確認オプション

Windowsが利用可能な更新プログラムを確認し、コンピューターにインストールすることを許可します。

7.DNSサーバーを変更する

インターネットサービスプロバイダのDNSサーバーが混雑している、または問題が発生している可能性があります。

このような場合、Googleの パブリックDNS サービス、またはOpenDNSやCloudflareのような他の無料DNSサービスプロバイダに連絡して、問題を解決する手助けをしてください。

コンピュータのDNSサーバーを変更する正確な手順は、このガイドに記載されています。 Windows 10でDNSサーバーを変更する方法.

8.コンピュータが自動的にIPアドレスを取得できることを確認する

コンピュータがIPアドレスとDNSアドレスを自動的に取得するように設定されていることを確認します。

を右クリックします。 スタートボタン をクリックし 実行する.実行コマンド]ウィンドウで、次のように入力します。 ncpa.cpl をクリックし OK.

実行コマンドを使用してネットワーク接続を開く

ネットワーク接続の画面で、アクティブなネットワーク(イーサネット をクリックします。 プロパティ.次の画面で インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4) をクリックし プロパティ.

IPv4 プロパティを開く

次のウィンドウで、以下を選択します。 IPアドレスを自動的に取得するDNSサーバーのアドレスを自動で取得する オプションを使用します。

9.高速スタートアップの無効化

コンピュータの高速スタートアップ機能が、イーサネット接続に必要なサービスをロードできないことが原因である場合があります。

にアクセスしてください。 設定方法 > システム > 選択 電源&スリープ を左ペインでクリックします。右ペインで、下にスクロールして 電源の追加設定.

Windowsの電源設定オプションを追加で開く

次の画面で、[電源の追加設定]をクリックします。 電源ボタンで行うことを選択する.

Windowsの電源ボタンの動作を選択するオプション

次の画面で、”シャットダウンの設定 “までスクロールし、チェックを外す 高速スタートアップをオンにする オプションを追加しました。

Windows 10/11で高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップを無効にすると、コンピュータの起動が少し遅くなりますが、その違いに気づかないかもしれません。

10.IPv6を無効にする

IPv6を無効にすることは、Windowsコンピュータのネットワーク接続の問題を解決するのに役立つことが知られています。

を右クリックします。 スタートボタン をクリックし 実行する.コマンドの実行]ウィンドウで、次のように入力します。 ncpa.cpl をクリックし OK.

実行コマンドを使用してネットワーク接続を開く

ネットワーク接続の画面で、アクティブなネットワーク(イーサネット をクリックします。 プロパティ.次の画面で、以下のチェックを外します。 インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6) のボックスをクリックし OK.

イーサネットのIPv6を無効にする

IPv6を無効にした後、次のことを確認してください。 再起動 を再起動すると、変更が適用されます。

11.Microsoft kernel Debug Network Adapterを無効にする。

を右クリックします。 スタートボタン をクリックし デバイスマネージャー.デバイスマネージャー画面で 表示]タブ を選択し 隠しデバイスを表示する オプションを使用します。

デバイスマネージャー画面に非表示のデバイスを表示する

隠しデバイスが表示されるようになったら、そのデバイスを探し出し、右クリックで Microsoftカーネルデバッグネットワークアダプタ を選択し 無効にする オプションを使用します。

12.ネットワークアダプタのアンインストールと再インストール

を右クリックします。 スタートボタン をクリックし デバイスマネージャー.デバイスマネージャー画面で、以下を展開します。 ネットワークアダプター のエントリを右クリックし イーサネット をクリックし アンインストール.

ネットワークアダプタのアンインストール

次に アクション タブを選択し ハードウェアの変更をスキャンする オプションを使用してください。

ハードウェアの変更のためにデバイスマネージャーをスキャンする

コンピュータを再起動し、インターネットに接続できるようになったかどうか確認してください。

13.ウイルス対策ソフトを無効にする

コンピュータにインストールされているウイルス対策ソフトを一時的に無効にして、効果があるかどうか確認してください。

ほとんどの場合、Antivirusを右クリックすると、そのソフトが無効になるはずです。 プログラムアイコン を選択し、タスクバーの を無効にする オプションを使用します。

ノートン・アンチウイルスの無効化

タスクバーにプログラムアイコンが見つからない場合は、システムトレイに表示されるはずです。Windows Defenderを使用している場合、以下の方法があります。 Windows Defenderを無効にする を一時的に無効にします。

14.ハードディスクにエラーがないかスキャンする

開く コマンドプロンプト コマンドプロンプトのウィンドウで、次のコマンドを入力します。 chkdsk /r c: と入力し Enterキー.

Windows ディスクチェックコマンド

Chkdskは、システム再起動時に実行を求められることがあります。その場合は、次のように入力してください。 Y をクリックし、コンピュータを再起動します。

ChkdskコマンドがコンピュータのHard Disk Errorsを検出し、修正するのを辛抱強く待ちます。Chkdskコマンドの実行が完了したら、コンピュータを再起動します。 コンピュータ を起動し、問題が解決されるかどうかを確認します。

15.AutoConfigサービスを有効にする

サードパーティアプリがコンピュータのAutoConfig Serviceを無効にしていることが原因で問題が発生する場合があります。

開く コマンドプロンプト コマンドプロンプトの画面で、次のように入力します。 sc config dot3svc start= demand と入力します。 を実行し Enter キーを押します。

コマンドが正常に実行されたら、コマンドプロンプトの画面を閉じて 再起動する コンピュータを再起動します。

16.ネットワーク設定のリセット

問題が解決しない場合、コマンドプロンプトを使用してネットワーク設定をリセットし、ネットワークドライバーを再インストールすると、問題が解決する場合があります。

開く コマンドプロンプト コマンドプロンプトの画面上で、以下のように入力します。 netcfg -d を実行し Enter キーを押します。

コマンドの実行に成功したら、コマンドプロンプトの画面を終了し 再起動する コンピュータを再起動します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次