iPhoneがスリープにならない。修正する方法は?

  • URLをコピーしました!

iPhoneの画面が自動的にオフにならない場合は、それが使用されていないときに、あなたは以下のiPhoneがスリープモードに入らないの問題を修正する手順を見つけることができます。

iPhoneがスリープモードにならない

目次

iPhoneがスリープモードにならない

デフォルトでは、iPhoneは一定時間使用しないと自動的にディスプレイをオフにし、スリープモードに移行するように設定されています。もし、これが起こらない場合、あなたのデバイスは次のような症状に悩まされている可能性が高いです。 バッテリーの持ちが悪い で、頻繁に充電が必要です。

iPhoneがスリープモードにならない最も一般的な理由は、自動ロックオプションが無効になっているか、デバイスでより長い自動ロック期間が選択されているためです。

これとは別に レイズ トゥ ウェイク の機能、設定の変更や破損、その他の理由により、iPhone がスリープモードにならないことがあります。

1.iPhoneの自動ロック時間を変更する

開く 設定 をクリックします。 ディスプレイと明るさについて > オートロック >を選択します。 時間 を入力した後、iPhoneを使用しない場合は、画面をオフにすることができます。

iPhoneのオートロックの時間を選択する

上の画像のように、iPhoneでは、30秒、1分、2分、3分、4分、5分、または「しない」から選択することが可能です。

2.レイズ・トゥ・ウェイクを無効にする

iPhoneでRaise to Wake機能が有効になっていると、iPhoneを拾った瞬間に自動的にディスプレイをオンにすることができます。しかし、この機能により、持ち運んでいる間にもiPhoneが起動したままになってしまうことがあります。

iPhoneのスリープ解除を無効にする

3.アップデートのインストール

端末にインストール待ちのアップデートが原因で問題が発生することがあります。

次のページへ 設定方法 > 一般 > ソフトウェアアップデート をタップしてください。 ダウンロードとインストール (オプションは、アップデートが利用可能な場合のみ表示されます)。

4.すべての設定をリセットする

上記の解決策が機能しない場合、デバイスのすべての設定を工場出荷時のデフォルト設定にリセットし、これが問題の解決に役立つかどうかを確認する時が来ました。

次のサイトにアクセスします。 設定方法 > 一般 > iPhoneの転送とリセット > リセット ポップアップで、以下を選択します。 すべての設定をリセットする オプションで設定できます。

iPhoneの全設定をリセットするオプション

プロンプトが表示されたら、あなたの ロック画面のパスワード 確認ポップアップが表示されたら、「」をタップします。 すべての設定をリセットする をクリックして確認します。

5.iPhoneを強制的に再起動する

iPhoneを強制的に再起動するプロセスはAppleによって定義され、それはあなたのデバイスのモデルによって、異なります。

iPhone 6s以下の機種:を長押しする 電源ホーム ボタンをクリックし、Apple ロゴが表示されるまで待ちます。

iPhone 7、7 Plusです。 長押し 電源 を押して、Appleロゴで始まるiPhoneが表示されるまで待ちます。

iPhoneのAppleロゴ

iPhone 8、8 Plusです。 プレス・リリース ボリュームアップ ボタン > 押して離す ボリュームダウン ボタン >この後、長押ししてください。 電源ボタンを押して、Appleロゴが表示されるまで待ちます。

iPhone X &以上です。 プレス・リリース ボリュームアップ ボタン > 押して離す ボリュームダウン ボタン >を長押しする。 電源ボタン (サイドボタン)を押し、Appleロゴが表示されるまで待ちます。

6.DFUモード復元を試す

ハードウェア設定の破損によりiPhoneが振動しない場合、DFUモードの復元を行う必要があります。 DFUモードのリストア を実行すると、問題が解決します。

DFUリストアプロセスは、iPhoneのソフトウェアとハードウェアの両方の設定を消去し、iPhoneのオペレーティングシステムソフトウェアとファームウェアの両方を再インストールします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次