パソコンのフリーズを直すキーボードショートカット

  • URLをコピーしました!

何かを行っている最中にコンピュータが突然フリーズすると、本当にイライラしますよね。コンピュータのフリーズを修正するためのキーボードショートカットを以下に紹介します。

目次

コンピュータのフリーズを修正するキーボードショートカット

Windows 10/11コンピュータは、ドライバやハードウェア関連の問題から、破損したレジストリファイル、マルウェア、動かないプログラムまで、様々な理由で応答しなくなることがあります。

コンピュータがフリーズして応答しなくなると、ほとんどのユーザーはコンピュータを再起動することで状況を打開しようとしますが、これはデータの損失につながる可能性があります。

したがって、私たちは、保存されていない作業を失うことなく、凍ったコンピュータを修正するのに役立つ特定のキーボードショートカットを以下に提供しています。

1.しばらく待つ

更新プログラムのダウンロード、タスクの完了、アクティブプロセスの終了、その他のバックグラウンド処理の完了などで忙しい場合、コンピュータの速度が大幅に低下し、しばらくの間、動作が停止することがあります。

したがって、最初のアプローチは、コンピュータがそのタスクを完了するのに十分な時間を与えることであるべきです。 バックグラウンド活動.

2.Win + Ctrl + Shift + Bキーを押す

コンピュータの問題がグラフィックドライバのスタックに起因している場合、Win + Ctrl + Shift + Bキーを押します。 Win + Ctrl + Shift + B キーは、デバイスのVideo Driversを再起動することで、Frozen computerを修正することができます。

このキーボードショートカットはグラフィックドライバを再起動するだけなので、開いたままのプログラムはそのまま残り、作業内容が失われることはありません。

1. プレス Win + Ctrl + Shift + B パソコンのキーボードにあるキー

2. しばらくすると、パソコンの画面が真っ暗になり、ビープ音が鳴ります。

しばらくすると、ディスプレイが元に戻り、作業を続けることができるようになります。

3.Alt+Tabキーを押す

プロセスやプログラムのスタックが原因でコンピュータがフリーズしている場合、Alt+Tabキーを押すことで、コンピュータを再起動することができます。 Alt + Tab キーは、スタックしているプログラムから切り替えることで、スタックしているコンピュータを修正することができます。

4.Ctrl + Shift + Escキーを押す

を押す Ctrl + Shift + Esc キーでタスクマネージャにアクセスし、応答しないプログラムやプロセスを強制終了または停止することができます。

1. プレス Ctrl + Shift + Esc でタスクマネージャーを開きます。

2. タスクマネージャ画面で、無反応の プログラム をクリックし タスクの終了.

タスクマネージャでタスクを終了する

応答しないプログラムを閉じると、コンピュータのフリーズが解除されます。

5.Ctrl + Alt + Delを押す

フリーズしたコンピュータを修復するために試すことができる別のキーボードショートカットは、次のように押します。 Ctrl + Alt + Del のキーを押してください。

6.凍結したパソコンを再起動する

上記のキーボードショートカットを使用して凍結したコンピュータを修正できない場合、コンピュータを強制的に再起動する時が来ました。

1. を長押ししてください。 電源ボタンを押して、コンピュータの電源が切れるまで待ちます。

2. 60秒待って、コンピュータを再起動します。 電源ボタン.

3. セーフモードでコンピュータを起動するか、Windowsを通常起動するかを尋ねられた場合。を選択してください。 Windowsを通常起動する.

上記のように、パソコンを再起動するとデータが失われ、保存していない作業もすべて失われてしまう可能性があります。

作業していたプログラムに自動保存機能があれば、最後に自動保存した位置までの作業内容を復元できるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次