iPhoneからSMSではなくiMessageを送信する方法

  • URLをコピーしました!

時々、iPhoneは無料のiMessageとしてメッセージを送信する代わりに、有料のSMSテキストメッセージとしてメッセージを送信します。以下は、iPhoneがSMSテキストメッセージではなく、iMessageを送信するようにするための手順です。

目次

iPhoneからiPhoneユーザーへiMessageを送信できるようにする。

iPhoneからメッセージを送信する場合、Appleデバイスのユーザーには無料のiMessageとして、Android Phoneのユーザーには有料のSMSテキストメッセージとして送信されます。

この設定はほとんどの場合うまく機能し、iPhoneユーザーはAppleデバイスユーザーに無制限の無料のiMessageを送信することができます。

お使いのiPhoneがAppleデバイスユーザーに有料のSMSテキストメッセージを送信する場合、問題は次のいずれかの理由による可能性があります。

  • 受信者がAppleデバイスを使用していない。
  • 受信者はiMessageをオフにしました。
  • 受信者の電話がインターネットに接続されていない。
  • Appleサーバーに問題がある

iPhoneがiMessageまたはSMSテキストメッセージを送信しているかどうかを確認する方法

iPhoneからメッセージが送信される前に、そのメッセージがiMessageとして送信されているのか、有料のSMSテキストメッセージとして送信されているのかを確認することができます。

1. を開いてください。 メッセージ をタップしてください。 メール作成アイコン をクリックして、新しいメッセージを開始します。

iPhoneで新しいメッセージを作成する

2. 新規メッセージの画面で 名前 と送信ボタンの色を変更しました。

青いiMessageと緑の通常のSMSテキストメッセージの送信ボタン

の色を変更した場合 名前送信ボタングリーンは、有料のSMSメッセージを送信しています。もし 名前送信ボタン に表示されます。 ブルーは、無料のiMessageを送信しています。

iPhoneがSMSテキストメッセージではなく、iMessageを送信することを確認する方法

iPhoneがAppleデバイスユーザーに有料SMSメッセージを送信していることがわかった場合、以下の方法でiPhoneがAppleデバイスユーザーにiMessageを送信するようにすることができます。

1.SMSとして送信を無効にする

iPhoneで以下の手順で「SMSとして送信」オプションを無効にします。

1. に移動します。 設定方法 > メッセージ と無効にする SMSで送信する オプションのトグルを OFF のポジションになります。

iPhoneでSMSとして送信するオプションを無効にする。

SMSとして送信」オプションを無効にすると、iPhoneはAppleデバイスのユーザーに有料SMSテキストメッセージとしてメッセージを送信することができなくなります。

この設定の良い点は、Appleデバイスを使用していない人からのSMSテキストメッセージを送受信することができることです。

SMSとして送信」オプションを無効にしても、Android携帯電話ユーザーへの有料SMSメッセージの送信はできません。

2.Apple IDのメールアドレスを確認する

iMessageを送信するために、あなたの Apple IDのメールアドレス は、iPhoneの連絡先メールアドレスとして登録されている必要があります。

1. に移動します。 設定方法 > メッセージ > 送信・受信.

iPhoneのiMessageの送受信オプションについて

2. 次の画面で、あなたの Apple ID のメールアドレスは、「iMessageで連絡可能な場所」に記載されています。

iMessagesのメールアドレスの設定

3.電話番号ではなく、メールアドレスにメッセージを送信する

iMessageの送信がまだうまくいかない場合は、メッセージを受信者の メールアドレス で、電話番号ではありません。

これは、あなたのメッセージがiMessageとしてのみ送信されることを保証する良い方法です。

iMessageの送信に問題がある場合、受信者がまだiPhoneを使用しているかどうかを確認してください。

4.iMessageのサービス状況を確認する

他のサービスと同様に、AppleのiMessageサービスも停止や問題が発生することがあります。

確認のため、こちらの サポートページ にて、Appleサービスの現在のシステムステータスを確認することができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次