Windows 11/10でコントロールパネルを開く方法

  • URLをコピーしました!

Windows 11とWindows 10でコントロールパネルを開く方法は以下のとおりです。

目次

Windows 11 & 10でコントロールパネルを開く。

Microsoftは、ユーザーに設定アプリを使用する習慣をつけるため、コントロールパネルを隠し、ユーザーがコントロールパネルにアクセスして開くことを難しくしています。

しかし、多くのユーザーはコントロールパネルを使用することを好み、また、コントロールパネルには、設定アプリで使用できない、または使用しにくい設定項目がまだあります。

幸いなことに、コントロールパネルはWindows 10とWindows 11の両方でまだ利用可能であり、複数の方法を使用してコントロールパネルにアクセスするのもまだ簡単です。

1.Windowsの検索を使用してコントロールパネルを開く

Windows10、Windows11ともに、コントロールパネルを開く最も簡単な方法は、Windows検索バーで「コントロールパネル」を検索することです。

タイプ コントロールパネル を検索バーでクリックし コントロールパネル デスクトップアプリをベストマッチ検索結果で提案。

Windowsの検索バーのコントロールパネル

これにより、直接コントロールパネルのメイン画面が表示され、そこからコントロールパネルの任意のセクションに移動することができます。

2.実行コマンドを使用してコントロールパネルを開く

Windows 11と10の両方でコントロールパネルを開くもう一つの簡単な方法は、「実行」コマンドを使用することです。

を右クリックします。 スタートボタン をクリックし 実行する.コマンドの実行]ウィンドウで、次のように入力します。 コントロールパネル をクリックし OK.

実行コマンドを使用してコントロールパネルを開く

注意 また Windows + R ショートカットキーで実行コマンドウィンドウを開きます。

3.設定からコントロールパネルを開く

開く 設定 タイプ コントロールパネル を検索バーでクリックし コントロールパネル を検索結果に表示します。

設定からコントロールパネルを開く

コントロールパネルをタスクバーに固定する

コントロールパネルに簡単にアクセスできるようにするために、コントロールパネルをスタートメニューまたはタスクバーに追加することができます。

タイプ コントロールパネル をWindowsの検索バーで右クリックします。 コントロールパネル 検索結果でDesktop Appを選択し タスクバーにピン留めする オプションを追加しました。

Windows 10でコントロールパネルをタスクバーに固定する

コントロールパネルのショートカットアイコンをタスクバーに追加し、コントロールパネルを簡単に開くことができるようになります。

デスクトップにコントロールパネルのショートカットを追加する

パソコンでコントロールパネルに簡単にアクセスできるようにするもう一つの方法は、コントロールパネルのショートカットをパソコンのデスクトップに追加することです。

タイプ コントロールパネル を検索バーで右クリックします。 コントロールパネル デスクトップアプリを選択し ファイルを開く場所 オプションを使用します。

コントロールパネルを開くファイルの場所

次の画面で、右クリックし コントロールパネル を選択し ショートカットの作成 をクリックすると、メニューが表示されます。

コントロールパネルのショートカットを作成する

ショートカットが作成されたら 名前を変更する に変更し、デスクトップにドラッグします。

コントロールパネルのショートカットの名前を変更する

これで、デスクトップのコントロールパネルのショートカットをダブルクリックすることで、コンピュータ上でいつでもコントロールパネルを開くことができるようになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次