Windows 11/10でレジストリエディタを開く方法

  • URLをコピーしました!

Windowsコンピュータには、レジストリファイルに変更を加えるために使用することができる内蔵ツールが付属しています。あなたは、Windows 10&11でレジストリエディタを開くために、以下のさまざまな方法を見つけることができます。

目次

Windowsレジストリとは?

Windowsレジストリは、Windowsオペレーティングシステムのデータベースで、コンピュータにインストールされているアプリケーション、ソフトウェアプログラム、およびハードウェアコンポーネントの設定、オプション、およびその他の情報を保存するために設計されています。

レジストリに格納された値、設定、および情報は、Windowsオペレーティングシステム、アプリケーション、およびコンピュータ上で実行されているプログラムによって常にアクセスされます。

したがって、レジストリファイルへの変更は、変更されたレジストリファイルにリンクされているコンピュータ、アプリケーション、およびソフトウェアプログラムの全体的な動作に即時または遅延(再起動後)して影響を与える可能性があります。

注意 Windowsレジストリファイルは、”RegBack “フォルダに格納されており、以下の場所にあります。 C:\WindowsSystem32¥Config¥RegBack.レジストリがバックアップされていない場合、このフォルダー内のすべてのエントリのサイズが0Kbであることがわかります。

Windows 10 & 11でレジストリを編集する方法は?

Windowsオペレーティングシステムのすべてのバージョン(Windows 95までさかのぼる)には、レジストリファイルへの変更を行うために使用できる無料の組み込みレジストリ編集ツールが付属しています。

このレジストリ編集ツールは、レジストリファイルの表示、編集、新規作成に使用され、コンピュータにインストールされているソフトウェアプログラムの機能を変更、有効化、無効化、または影響するために使用されます。

しかし、レジストリファイルの編集中に行われた任意のミスは、お使いのコンピュータの適切な機能に影響を与える可能性があり、それもあなたのデバイスにアクセスできないようにすることができることに注意する必要があります。

したがって、レジストリ編集ツールは、問題のトラブルシューティング、Windowsコンピュータのfunciningを変更または影響を与えるために、経験豊富な高度なユーザーによってのみ使用されるべきです。

1.実行コマンドを使用してレジストリエディタを開く

Windowsコンピュータでレジストリエディタを開く簡単な方法は、「regedit」コマンドを実行することです。

を右クリックします。 スタートボタン をクリックし 実行.実行コマンド]ウィンドウで、次のように入力します。 regedit をクリックし OK.

実行コマンドを使用してレジストリエディタを開く

レジストリエディタの画面が表示され、Windowsレジストリの任意の場所に移動することができます。

Windowsレジストリエディタ画面

注意 キーボードショートカットを使うのが好きな方は ウィンドウズ + R キーを押して、実行コマンドを起動します。

2.レジストリエディタをWindowsの検索で開く

Windows 10および11でレジストリエディタを開く最も簡単な方法は、おそらくWindowsの検索機能を使用する方法です。

タイプ レジストリエディタ をWindowsの検索ボックスでクリックし レジストリエディタ 検索結果にアプリが表示される。

Windowsの検索を使用してレジストリエディタを開く

これで、すぐにパソコンのレジストリ編集画面が起動します。

3.コマンドプロンプトまたはPowerShellを使用してレジストリ編集画面を開く

レジストリエディタは、コンピュータのコマンドプロンプトまたはPowerShellユーティリティを使用して開くこともできます。

を右クリックします。 スタートボタン を選択し パワーシェル(管理者) オプションを使用してください。PowerShellウィンドウで、次のように入力します。 regedit と入力し、Enterキーを押します。

PowerShellを使用してレジストリエディタを開く

コマンドプロンプトで同じコマンドを使用してレジストリエディタを開くことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次