iPhoneでフラッシュライトを開く方法と使う方法

  • URLをコピーしました!

iPhoneには懐中電灯が内蔵されており、暗い場所や照明がない場所でも簡単にスイッチを入れて使用することができます。以下は、iPhoneの全機種でフラッシュライトを起動して使用する手順です。

目次

iPhoneのフラッシュライトを開く・使う

iPhoneのフラッシュライトは、デバイス背面のカメラレンズの横にあるLEDライトで、iPhoneのカメラフラッシュ機構から電力を供給されています。

デフォルトでは、コントロールセンターにフラッシュライトアイコンが表示され、フラッシュライトをオンにするために必要なことは、コントロールセンターで コントロールセンター をタップし フラッシュライト アイコンが表示されます。

iPhoneがロックされていてもコントロールセンターにアクセスできるので、緊急時に懐中電灯をオンにするのにとても便利です。

フラッシュライトは、一度スイッチを入れると、自動的にオフにならず、開いたまま継続されます。 電池を消耗します。 を消耗します。

したがって、フラッシュライトの使用を終えたら、必ずスイッチを切るようにしてください。

1.iPhone X/11/12/13でフラッシュライトを起動します。

下にスワイプ を画面右上から下にスワイプして、「コントロールセンター」を表示します。コントロールセンターが表示されたら、[Select]ボタンをタップします。 フラッシュライトアイコン を切り替える オン iPhoneのフラッシュライト

iPhoneコントロールセンターのフラッシュライトボタン

注意 画面中央上部に近い位置でスワイプした場合、画面上部が開いてしまう 通知センターの代わりに、コントロールセンターが表示されるようになりました。

フラッシュライトの使用が終わったら、コントロールセンターを開き(右上から下へスワイプ)、コントロールセンター内の フラッシュライト アイコンをクリックすると、フラッシュライトを閉じます。

2.iPhone 6/7/8でフラッシュライトを開く

iPhoneの旧モデル(8以前)でフラッシュライトをONにする手順は、コントロールセンターを開く手順以外は、実質的に同じです。

でコントロールセンターを開く 上にスワイプする 画面下部から

iPhoneでスワイプアップ

コントロールセンターが表示されたら、「」をタップします。 フラッシュライトアイコン を切り替える オン フラッシュライト

iPhoneのコントロールセンターのフラッシュライトボタン

フラッシュライトの使用が終わったら、コントロールセンターを開き(上にスワイプ)、その中にある フラッシュライト アイコンをクリックすると、フラッシュライトを閉じます。

3.iPhoneのフラッシュライトの明るさを調整する

フラッシュライトの明るさを調整するには、コントロールセンターを開き、「フラッシュライト」を長押しします。 フラッシュライト アイコンが表示されます。3Dタッチに対応していないiPhoneの場合、以下の操作が必要になります。 を長押ししてください。 を長押しします。

表示されたショートカットメニューで、明るさのスライダーを指でスライドして明るさを調整することができます。

iPhoneのフラッシュライトの明るさを調整する

上記のように、フラッシュライトは開いたままにしておくと、デバイスのバッテリーを消耗し続けるので、使用後は必ずスイッチを切ることを忘れないでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次