iPhoneでメール中の音声録音を防止する方法

  • URLをコピーしました!

iPhoneでメッセージアプリを使用している間、iPhoneはあなたの会話を録音してしまうことがあります。iPhoneでテキスト中に音声が録音されるのを防ぐには、以下の手順を参照してください。

目次

iPhoneでテキスト入力中に音声が録音されないようにする

iPhoneでメッセージアプリを使って文字入力やメールをしているときに、デバイスを持ち上げて耳に近づけると、iPhoneは自動的にあなたの声や周りの人の声を録音し始めます。

iPhoneを耳から離し、下に下げると録音が停止し、録音されたオーディオメッセージを送信するオプションが提供されます。

ただし、iPhoneを腕に挟んだり、肩の高さで持っている場合、メッセージアプリの録音機能がトリガーされることが知られています。

この問題が発生した場合、次のサイトにアクセスしてください。 設定 > メッセージ 音声メッセージ」セクションまでスクロールし、無効化します。 レイズトゥリスニング のオプションがあります。

iPhoneのレイズ・トゥ・リッスンを無効にする

iPhoneを持ち上げたり、肩にかけたり、耳に近づけたりしても、自動的に録音モードに切り替わらないようにします。

レイズ・トゥ・リッスン」を無効にしても、オーディオメッセージの録音と送信はできません。この場合でも オーディオメッセージ を利用することで 音波アイコン をクリックすると、テキストボックスに表示されます。

Raise to Listen “を無効にすると、iPhoneを持ち上げてオーディオメッセージを聴くことができなくなります。ただし、手動でオーディオメッセージを再生して聴くことはできます。

ディクテーションモードを無効にする

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、専用の マイクキー は、iPhoneの仮想キーボード上にあるキーです。このキーを誤ってタップすると、iPhoneに音声を録音できる「ディクテーションモード」が起動します。

ディクテーションモードを使用する可能性がない場合は、以下のURLにアクセスしてください。 設定 > 一般 > キーボード 下にスクロールして、トグルを次のように動かします。 ディクテーションを有効にするOFF 位置

iPhoneのキーボードで音声入力を無効にする。

確認のポップアップで ディクテーションをオフにする オプションを使用します。

これにより、キーボードからマイクアイコンが削除され、iPhoneでキーボードを使用中に声が録音される可能性を完全に防ぐことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次