Excelで列を行に転置する方法

  • URLをコピーしました!

データを入力した後、列のデータを行に、または行のデータを列に間違えて入れてしまったことに気づくことがあります。このエラーを簡単に修正する方法は、Excelで列と行の入れ替えを行うことです。

目次

Excelで列を行に変換する

下の画像のように、元のデータ入力では、列ラベルに「品目名」、行(3~7)に「月」が表示されています。

しかし、実際の要件は、”月 “が列ラベルとして表示され、”項目名 “が行に表示されることでした。

エクセルでのデータ入力例

このような問題に直面したとき、多くのユーザーは、データの行と列を苦労してコピー&ペーストして、必要な形式にデータを並べ替えようとします。

しかし、大量のデータをコピー&ペーストするのは面倒ですし、エラーが発生する可能性もあります。データを修正するためのより良い解決策は、Excelの貼り付けの特殊メニューで利用できるように、転置オプションを使用することです。

1. 誤って配置されたデータを含むワークブックを開きます。

2. 全体を選択する データセットを選択し、右クリックし コピー オプションをドロップダウン・メニューで選択します。

エクセルで選択範囲をコピーする

3. 次に 新しい場所 データを貼り付けたいワークシートで、右クリックし 特殊な貼り付け… というオプションを表示されるドロップダウンメニューから選択します。

エクセルの特殊コマンドの貼り付け

注意 または、キーボードショートカットのCtrl + Alt + Vを使用することもできます。

4. 特殊な貼り付け]画面で トランスポーズ オプションを選択し OK ボタンをクリックします。

Excelの特殊コマンド貼り付け時の転置オプションについて

これで、選択した場所に転置されたデータが貼り付けられます。

エクセルでのオリジナルデータと転置データ

注意 必要に応じて書式を適用し、列幅を調整し、列見出しを編集する必要があります。

上記の例では、複数の列と行にまたがるデータを並べ替えるために、転置関数を使用することを示しました。

特殊貼り付けと転置のオプションは、ラベルの単一の行を列に変換するために使用することもできますし、その逆も可能であることをご存じでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次