iPhoneやiPadでWiFiが使えない:解決する方法は?

  • URLをコピーしました!

iPhoneやiPadでWiFiが使えないという問題に対処している場合、問題を解決するための手順を以下に見つけることができます。

目次

iPhoneまたはiPadでWiFiが使用できない

iPhoneでWiFiが使えない原因は、ソフトウェアの不具合、動かないプログラム、弱い信号強度、間違ったネットワーク設定など、様々なものが考えられます。 モデム/ルーター 他の問題へのエラー

幸いなことに、iPhoneやiPadのWiFi接続の問題のほとんどは、ハードウェアの損傷によるものでない限り、簡単に修正することができます。

1.機内モードの有効化/無効化

この方法は、WiFi、携帯電話、GPS、Bluetooth ネットワークを制限し、お使いのデバイスの WiFi 接続の問題を解決するのに役立ちます。

開く 設定 有効にする 機内モード にトグルを移動させることで ON のポジションになります。

iPhoneの機内モード切り替え

30秒後に無効化 機内モード にトグルを移動させることで OFF のポジションになります。

2.iPhoneを再起動する

iPhoneの電源を切り、再び再起動すると、デバイスのWiFi接続の問題を引き起こしている可能性のある、スタックしたプログラムやプロセスをクリアするのに役立ちます。

次のページに進みます。 設定方法 > 一般 をスクロールしてタップしてください。 シャットダウン.次の画面で、スライダーを使用してiPhoneの電源をオフにします。

iPhoneの電源オフ

30秒待って 再スタート iPhoneの電源ボタンを押して再起動します。

3.モデム/ルーターの電源フラッシュ

多くの場合、iPhoneでWiFiが使えない問題は、モデム/ルーターの不具合に起因しています。ルーターの電源を切り、再度起動することで簡単に直ります。

モデムのプラグを抜く モデム/ルーター その中から パワーサプライ ソース > 待機中 30秒 モデム/ルータに再接続してください。 電源 出典

4.DHCPリースの更新

DHCPリースを更新すると、iPhoneがWiFiに接続できない問題の解決に役立つことがよくあります。

に移動します。 設定方法 > WiFi を選択してください。 WiFiネットワーク.次の画面で、下にスクロールして、「」をタップします。 リースを更新する のオプションがあります。

iPhoneでDHCPリースを更新する

確認のポップアップが表示されたら リースを更新する をご確認ください。

5.WiFiネットワークを忘れて再接続する

を確認してください。 WiFiネットワークのパスワード を忘れ、以下の手順でWiFiネットワークに再接続してください。

にアクセスしてください。 設定方法 > WiFi を選択してください。 WiFi ネットワークに接続します。次の画面で、「」をタップします。 このネットワークを忘れる オプションを使用します。

iPhoneのWiFiネットワークオプションを忘れる

確認のポップアップが表示されたら、「」をタップします。 忘れる をクリックして確認します。30秒待って再接続 WiFiネットワーク をクリックし、WiFネットワークパスワードを入力してください。

6.ネットワーク設定のリセット

注意 このステップを進める前に、以下の項目をメモしておいてください。 パスワード を入力してください。

次のページへ 設定方法 > 一般 > iPhoneの転送やリセットについて > リセット ポップアップで、以下を選択します。 ネットワーク設定のリセット オプションで設定できます。

iPhoneのネットワーク設定オプションのリセット

を入力してください。 ロック画面のパスワード 確認のポップアップが表示されるので、「」をタップします。 ネットワーク設定のリセット をクリックして確認します。

iPhoneが再起動した後、再度WiFiネットワークに接続し、デバイス上でWiFiが動作しているかどうかを確認します。

7.Google DNSに変更する

インターネットサービスプロバイダのDNSサーバーが常に混雑しているか、問題が発生していることが原因の場合、この解決策が役に立ちます。

お使いの端末のDNSサーバーをGoogleに切り替える実際の手順については、こちらの記事を参照してください。 iPhoneやiPadでGoogle DNSを利用する方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次